「アベンジャーズ」シリーズのスカーレット・ヨハンソンが、「マイティ・ソー バトルロイヤル」のタイカ・ワイティティー監督・脚本の新作「ジョジョ・ラビット」Jojo Rabbit への出演をオファーされている。

ヒトラーのナチス軍に所属する少年が、母親がユダヤ人の少年を家に隠していることを知って苦悩するというストーリー。少年の想像上の友人で、彼の亡き父親の投影でもある存在を、ワイティティー監督自身が演じる。少年役は未定。
製作はフォックス・サーチライト・ピクチャーズ他。撮影はこの夏にスタートする予定。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.