映画『星空のむこうの国』が7月16日(金)に公開されることが発表された。

映画監督・小中和哉が1986年に22歳で監督した伝説のラブストーリー『星空のむこうの国』が 35年の時を経て自らの手で蘇る。

小中和哉より映画化を前提として執筆を依頼されたとされる、小林弘利による小説が 1984年に集英社コバルト文庫より刊行され、1986年に有森也実事実上のスクリーンデビュー作となった。出資元の池袋文芸坐をはじめ全国の映画館で公開されたが、長らくビデオが絶版、2002年の DVD化も限定的で絶版となり、「幻の映画」となっていた。
今回 35年ぶりの映画化(セルフリメイク)で再び小中和哉がメガホンをとり、2021年、青春ラブストーリーが復活を遂げる。

主演を務めるのは、、2019 年『蜜蜂と遠雷』で衝撃のスクリーンデビューを果たし、第44回報知映画賞、第41回ヨコハマ映画祭、第74回毎日映画コンクール、第93回キネマ旬報 ベスト・テン、第43回日本アカデミー賞といった数々の映画賞で新人賞を総なめにした鈴鹿央士。

主演の鈴鹿央士と監督よりコメントが到着した。

画像1: 鈴鹿央士主演の映画『星空のむこうの国』、7月16日(金)より全国公開決定!
画像2: 鈴鹿央士主演の映画『星空のむこうの国』、7月16日(金)より全国公開決定!

コメント

鈴鹿央士(主人公昭雄役)

プロフィール:
2000年岡山県出身。
エキストラとして参加していた撮影現場で、広瀬すずにスカウトするよう進言され芸能界入り。2018年「第33回 MEN'S NON-NO 専属モデルオーディション」でグランプリを獲得しメンズノンノの専属モデルに抜擢。2019年『蜜蜂と遠雷』でスクリーンデビューを果たし、第44回報知映画賞、第41回ヨコハマ映画祭、第74回毎日映画コンクール、第93回キネマ旬報 ベスト・テン、第43回日本アカデミー賞といった数々の映画賞で新人賞を総なめにし話題となる。 2021年実写版映画ドラマ・映画「ホリミヤ」で主演をつとめ4月25日(日)より放送開始のTBS 日曜劇場「ドラゴン桜」にレギュラー出演中の若手俳優の筆頭格。

昭雄という主人公の話をいただいたとき「難しいなぁ」というのが初めの印象でした。心動かされる物語なんですが、その中で自分が何ができるんだろうなぁと考えていました。素敵な物語なので、「いいものにしなきゃ!」という思いが溢れてました。
やっぱり難しかったです。でも、その分やりがいがありました。毎日、昭雄のことを考えていたあの日々はとても充実していました。昭雄を演じていく中で、カメラに映るということを少し意識するようにしていました。自分の動きと感情などが、カメラの前でどう映るのかを考えて、そこを理解しなきゃいけないことが多くて、そこは小中監督とも話し合いながら撮影していました。
本作は 1986 年に撮られた映画のセルフリメイクで、物語で変わっているところもあるし、映像も進化しています。前作を観られていない方は、是非、前作を観て頂きたいです! 好きな人とのかけがえのない時間を大切にしようと思いました。このご時世ではありますが、劇場へ足を運んでいただけると嬉しいです。よろしくお願い致します。

監督:小中和哉

プロフィール:
1963 年東京都出身。
『東京少女』(08 年)や『七瀬ふたたび』(10年)など、数多くの長編映画で監督を務めるほか、『海辺の映画館-キネマの玉手箱』(20年)では大林宣彦監督と共同脚本も担当するなど、長年に渡って日本映画界を支え続けている。本作は、1986年に小中監督が発表した同名映画の実に 35年ぶりとなる時空を超えたセルフリメイク。それぞれ の世界を、駆け抜けて生きる少年少女たちの爽やかな青春群像を、淡くノスタルジックな映像美と、鮮烈な VFX を駆使して躍動的に描き出す。

オリジナル版製作時は撮影用特機を仲間内で作ったり、自作のオプチカルプリンターで手作業で合成 したりと大変でしたが、今はデジタル機材やCGが発達して楽になったし、表現の幅が広がりました。 リメイク版もオリジナルとテーマは同じなので、演出的には「改善できるところは改め、そのままでい いところはそのままで」という方針で臨みました。 どの場面も「もっといい手はないのか?」と自問自答しながら撮ったので、撮影中は過去の自分と向 かい合っているような感覚でした。
鈴鹿央士くんは独特の感性を持つ俳優で面白かったです。 気持ちが内側から湧き出てくるのを待って演技しているので、彼自身もどんな芝居になるのか事前に はわからないようでした。 微妙な感情の揺れを大切にする鈴鹿くんならではのオリジナルとは違った昭雄が生まれたと思いま す。

STORY

高校生の昭雄(鈴鹿央士)は2カ月間、同じ美少女が現れる夢を毎晩見ていた。ある日、現実の昭雄の目の前に、そのひとが突然現れる。彼女の名前は理沙。理沙はある約束を果たすため、もうひとつの世界線に生きる昭雄のことを、ずっと呼び続けていた。理沙の純粋な想いが、星空の向こうの国から運命の人を呼び寄せたのだ。今宵は 33年に一度のシリウス流星群が地球に最接近する日。まっすぐに惹かれ合うふたりは、同じ星空を見て約束を果たすことができるのだろうか ―?

映画『星空のむこうの国』

7月16日(金)より、シネ・リーブル池袋他、全国公開

出演:鈴鹿央士

監督:小中和哉/脚本:小林弘利 音楽:木住野佳子
製作:勝股英夫(エイベックス・ピクチャーズ) 石川光久(Production I.G)/ エグゼクティブプロデューサー:西山剛史 伊藤整
企画・プロデュース:穀田正仁 稲葉もも
プロデューサー:内部健太郎 関顕嗣/協力プロデューサー:小中明子/ラインプロデューサー:三好保洋 撮影:髙間賢治/照明:上保正道/録音:臼井勝/美術:中谷暢宏/衣装:天野多恵/ヘアメイク:さいとうあやこ/助監督:小原直樹/ 編集:松木朗/キャスティング:岩瀬恵美子
特殊視覚効果:泉谷修/VFX: 佐野和信
製作:映画「星空のむこうの国」製作委員会
制作プロダクション:FREBARI
配給:エイベックス・ピクチャーズ
宣伝:ガイエ
©2021「星空のむこうの国」製作委員会
公式 HP:hoshizora-movie.jp/
公式 Twitter:@cinemalab_jp
2021年/日本/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/93分

Cinema Lab(シネマラボ)

最近、心を揺さぶる映画に出会っていますか?
Cinema Lab(シネマラボ)は、「映画の実験レーベル」です。映画監督の「熱量」と「情熱」を込めた映画作品をお届けします。映画化の条件は「限られた制 作予算」のみ。映画監督が自ら企画開発、脚本、キャスティング、ロケーション、演出までを自由に手掛け、云わば「監督絶対主義」で映画を制作します。全てのクリエイティブは監督に基本一任します。そのため、Cinema Lab の作品はとても挑戦的で、前衛的で、実験性ある作品が多いかもしれません。 さらに、Cinema Labには潤沢な制作予算も莫大な宣伝予算もありません。しかし、「制約」があるからこそ「生まれる発想」と「生み出される映画」があります。誰でも、そんな心が揺さぶられる思い出の映画が1本はあるはずです。 未曽有の事態が巻き起こる時代。目まぐるしく変化していく時代。今まさに「制限」の中で生きていかなければならない時代。だからこそ、映画をこのレ ーベルから送り出す意義を感じています。
Cinema Lab は、日本映画界に少し違う角度から光を照らして、「映画をあまり鑑賞しない人」が映画に興味を持ってもらえたり、「映画好きな人が映画 の面白さ」を再発見してもらえたり、「次世代の映画監督との出会い」があったり、日本映画界に少しだけ貢献できたらレーベルを設立した甲斐があります。
そして、Cinema Lab がお届けする映画で心を熱くしてもらえたら嬉しいです。
映画をもっと自由に。Cinema Lab

シネマラボ公式 URL:https://cinema-lab.com/ 参画クリエイター:本広 克/押井 守/小中和哉/上田慎一郎

This article is a sponsored article by
''.