前作の公開から10年。続編となる『MAMMA MIA! HERE WE GO AGAIN(原題)』の邦題が、
『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』に決定。東宝東和配給にて2018年8月24日に日本公開が決定した。

メリルが、コリンが、この夏帰ってくる!

ミュージカル映画史上No.2となる全世界興収6億ドル(Box Office Mojo調べ)突破の大ヒット映画『マンマ・ミーア!』は、ABBAのヒット曲で構成され、全世界でロングランヒットを記録した舞台の映画化で、花嫁のソフィ(アマンダ・サイフリッド)が、ヴァージンロードをパパと一緒に歩きたいと、シングルマザーのドナ(メリル・ストリープ)に内緒で、結婚式に自分の父親かもしれない母親の元恋人3人を招待したことで巻き起こる大混乱を描いたミュージカル・ラブコメディー。

本作では、前作のその後の物語と、ドナがソフィの父親候補3人と出会った青春時代を中心に、過去と現在を行き来して、そこからどのように現在に繋がっているのかが描かれていく。
前作に続き、ドナ役にはアカデミー賞受賞のメリル・ストリープ、ドナの親友ロージー役とターニャ役にはそれぞれジュリー・ウォルターズとクリスティーン・バランスキー。アマンダとドミニク・クーパーはそれぞれソフィ役とスカイ役で、ピアース・ブロスナン、ステラン・スカーシュゴード、アカデミー賞受賞のコリン・ファースはソフィの父親候補である3人:サム役、ビル役、ハリー役をそれぞれ演じている。

画像: メリルが、コリンが、この夏帰ってくる!

早くも特報を解禁!

そしてこの度、前作のキャストに加え、若きドナ役にリリー・ジェームズ(『シンデレラ』『ベイビー・ドライバー』)が抜擢。また、若き日のロージー役とターニャ役をアレクサ・デーヴィーズ(『僕と世界の方程式』)とジェシカ・キーナン・ウィン(『Broadway’s Beautiful』)が、若き日のサム役をジェレミー・アーヴァイン(『戦火の馬』)、若き日のビルをジョシュ・ディラン(『マリアンヌ』)が、若き日のハリーをヒュー・スキナー(『マッド・ドライヴ』)がそれぞれ演じる。
さらに、アンディー・ガルシアとシェールの出演も決定! 豪華な顔ぶれと共に、ギリシャの美しいカロカイリ島を舞台に、「ダンシング・クイーン」をはじめとする前作でおなじみのナンバーと、前作とはまた違うABBAの楽曲の数々で新しい物語が紡がれる。

画像1: 早くも特報を解禁!
画像2: 早くも特報を解禁!

今回解禁させていただく特報では、妊娠したソフィが島に戻り、ロージーやターニャと再会するところから始まる。出産を不安がるソフィに、女手一つでソフィを育て上げたドナの昔話を始めるロージー&ターニャ。若きドナとサム・ビル・ハリーそれぞれの出会いが描かれ、映像の最後にはシェール演じるソフィの祖母も登場し、早くも波乱の予感・・・?また、若き日のトリオ・バンド“ドナ&ザ・ダイナモス”の姿も収められており、観る人すべてをハッピーにすること間違いなし!

画像: 『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』特報映像【8月24日(金)日本公開決定!】 youtu.be

『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』特報映像【8月24日(金)日本公開決定!】

youtu.be

■監督・脚本:オル・パーカー『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』 
■原案:キャサリン・ジョンソン、リチャード・カーティス、オル・パーカー
■製作:ジュディー・クレーマー、ゲーリー・ゴーツマン 
■製作総指揮:ベニー・アンダーソン、ビョルン・ウルヴァース、トム・ハンクス、リタ・ウィルソン、フィリダ・ロイド、リチャード・カーティス、ニッキー・ケンティッシュ・バーンズ
■キャスト:メリル・ストリープ、ピアース・ブロスナン、コリン・ファース、ステラン・スカーシュゴード、ジュリー・ウォルターズ、ドミニク・クーパー、アマンダ・サイフリッド、クリスティーン・バランスキー、リリー・ジェームズ、アンディー・ガルシア、シェール
■配給:東宝東和 (C)Universal Pictures

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.