マット・デーモンが13cmに縮小? アレクサンダー・ペーン監督がメガホンを取り、アカデミー賞(R)常連の顔ぶれが揃った豪華な布陣がそろった新作映画『ダウンサイズ』が、2018年3月2日(金)にいよいよ日本上陸。その本予告編が公開された。

マット・デーモンが、今度は13cmの手のひらサイズに

人類を救う大発明—。それは人間を13cmにダウンサイズすることだった!一度しかない人生、もし大金持ちで大豪邸に住めるチャンスがあるとしたらあなたはどうする?そんな全人類の「夢」を、ユニークなアイデアで描き全世界が称賛。小さくなった世界では一体何が起こるのか!? 奇想天外な設定を細かなディテールまで描き、まるで本当にダウンサイズが実現したら、こんな世界になるに違いないという圧倒的リアリティと、現代社会を風刺した“実は”深いテーマに、海外批評家やジャーナリストからも高い評価を獲得し、大きな注目を集めている映画『ダウンサイズ』。

画像1: マット・デーモンが、今度は13cmの手のひらサイズに

『オデッセイ』で、火星からの奇跡的な生還を果たしたマット・デーモンが、今度は13cmの手のひらサイズになり、より良い暮らしを求めてミニチュアの世界に飛び込んでいく男を演じる!共演には、マット演じるポールの妻役に『ゴーストバスターズ』のクリステン・ウィグ。ポールを新しい世界へ誘う謎の男には名優クリストフ・ヴァルツ。そして本作でゴールデングローブ賞助演女優賞にノミネートされたホン・チャウが物語を大きく動かす重要なキャラクターを熱演。さらに、『ファミリー・ツリー』を含む2度のアカデミー賞(R)脚色賞受賞のアレクサンダー・ペーン監督がメガホンを取り、アカデミー賞(R)常連の顔ぶれが揃った豪華な布陣が実現。

この度解禁された本予告映像では、低収入で高ストレスの日々を送るマット演じるポールが、<ダウンサイズ>された世界では、現在の貯金が82倍の14億円相当になると聞き、人生大逆転を賭けて、夫婦で<ダウンサイズ>に挑む。大豪邸に暮らす裕福な生活を夢見、すべては順調のはずが…衝撃の展開が! 怖気づいた妻オードリー(クリステン)が、先に13cmに縮小したポールを置いて、土壇場で逃げ出してしまうという予想外の事態に! “大きな”離婚届にもサインさせられて、まさかの人生どん底へ。

画像2: マット・デーモンが、今度は13cmの手のひらサイズに

だが、そんなアクシデントは、小さな世界で巻き起こる奇想天外な人生のスタートに過ぎなかった!13cmの体には小さな茂みもジャングルに、体ほどの大きさもあるトンボや蝶たち。巨大なバラのプレゼントに、電子タブレットの巨大な映画スクリーン、ボトルのウォッカだって飲み放題!最低最悪の絶望から一転、驚きに満ちた人生の再出発に、ポールの人生は大きく動き始める!はたして、小さくなったポールが見つける幸せの結末とは?

画像: 『ダウンサイズ』予告編 youtu.be

『ダウンサイズ』予告編

youtu.be

2018年3月2日(金) TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー
■監督:アレクサンダー・ペーン『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
■脚本:アレクサンダー・ペーン、ジム・テーラー 
■製作:マーク・ジョンソン、アレクサンダー・ペーン、ジム・テイーー
■製作総指揮: ミーガン・エリソン、ジム・バーク、ダイアナ・ポコーニイ
■キャスト:マット・デーモン、クリストフ・ヴァルツ、ホン・チャウ、クリステン・ウィグ 
配給:東和ピクチャーズ (C) 2017 Paramount Pictures. All rights reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.