米メディアがこぞってマーベルのスタン・リーが現地時間1月31日に病院に搬送されたと報じている。

報道によれば、31日の夜、ロサンジェルスのシーダーズ・サイナイ病院に搬送されたそう。自宅で軽い呼吸困難と心拍の乱れが起きた様子。普段は元気そうだが、95歳という高齢で昨年も大きなイベント出演を二つキャンセルしたとか。とはいえ、関係者はいまの状態は落ち着いていると語った模様。本人も気分はいいと言っているとかで、検査をいくつかおえて問題がなければ数日で退院するという。
スタン・リーはマーベル・メディアの名誉会長。マーベルの新作映画は2018年3月1日日本公開の「ブラックパンサー」、4月27日公開の「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」などがある。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.