英国アカデミー賞(BAFTA)授賞式が2018年2月18日(現地時間)開催され、ゲーリー・オールドマンの主演男優賞などが発表された。アメリカのオスカーに影響を及ぼすか注目される。

作品賞は「スリー・ビルボード」が受賞

作品賞に輝いたのは、マーティン・マクドナー監督の「スリー・ビルボード」で、本作は英国映画賞も同時受賞。さらにフランシス・マクドーマンドの主演女優賞、サム・ロックウェルの助演男優賞、オリジナル脚本賞も受賞とこの夜の勝者となった。

ほかに監督賞は「シェイプ・オブ・ウォーター」のギレルモ・デル・トローで、本作は作曲賞、美術賞も受賞。主演男優賞は本命、「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」のゲーリー・オールドマンが受賞。助演女優賞は「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のアリソン・ジャネーが選ばれた。

さらに長編アニメーション賞は「リメンバー・ミー」、脚色賞は「君の名前で僕を呼んで」、編集賞は「ベイビー・ドライバー」衣装デザイン賞は「ファントム・スレッド」、音響賞は「ダンケルク」などの作品が分け合っている。

アメリカの第90回アカデミー賞授賞式は3月4日(現地時間)開催。今回の結果がどう影響するか?日本では3月5日午前8時30分からWOWOWプライムで生中継される。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.