世界中で空前の社会現象を巻き起こした「フィフティ・シェイズ」シリーズ最終章『フィフティ・シェイズ・フリード』が2018年秋、TOHOシネマズ シャンテ他にて日本公開することが決定した。

シリーズ3作の全世界累計興収は10億ドル($1B)を突破する大記録樹立

巨大企業の若き起業家にしてCEO、女性ならば誰もが憧れずにはいられない超絶イケメンのグレイと、それまで恋の経験がなかった純粋なアナの、特異な恋愛模様を過激な描写で描き、世界中の女性を虜にしたELジェイムズのデビュー小説を映画化した本シリーズ。原作は、全世界での発行部数が累計1 億冊以上を記録した世界的ベストセラーのシリーズ最終章が満を持して日本に上陸する。

全米では、2018年2月9日[現地時間]に公開され興行収入3,860万ドル(約41億円)を記録。同週新作として公開されたハリウッド実写版『ピーターラビット』は興収2,501万ドル(約27億円)で2位、クリント・イーストウッド監督作『15時17分、パリ行き』は興収1,255万ドル(約13億円)で3位と、並み居る作品を抑えてダントツの全米No.1スタートを切った。
また、インターナショナルのオープニング興収は9,810万ドルを記録し、2018年で初めて週末興収が1億ドル近くに達した作品となった。北米と合わせた全世界オープニング興収は1億3,690万ドルに達し、「フィフティ・シェイズ」シリーズ3作の全世界累計興収は10億ドル($1B)を突破するという大記録を樹立!またもや『フィフティ・シェイズ』現象を世界中で巻き起こしている。

官能世界の過激さは勿論、最終章に相応しい衝撃の展開が繰り広げられる本作。前作に引き続き、アナ役をダコタ・ジョンソン、グレイ役をジェーミー・ドーナン、監督はジェームズ・フォーリ-が務め、新キャストとして、新居の設計を任された建築家を映画『呪怨 パンデミック』やテレビドラマ『新ビバリーヒルズ青春白書』にも出演するアリエル・ケベルが務める。

今作のサウンド・トラックも既に72の国と地域のiTunesにて1位を獲得

また、毎回世界的にサウンド・トラックが話題を呼んでいる「フィフティ・シェイズ」シリーズだが、今作のサウンド・トラックも、既に72の国と地域のiTunesにて1位を獲得し、世界中にて大ヒットを記録!第60回グラミー賞にノミネートされたジュリア・マイケルズ、第57回グラミー賞受賞歴のあるシーア、アカデミー賞ノミネート歴も有りながらアーティストとしても活躍するヘーリー・スタインフェルド、その他、リアム・ペーン、リタ・オラなどの豪華アーティストが参加。更にはシリーズには欠かせないエリー・ゴールディングの「ラヴ・ミー・ライク・ユー・ドゥ」のフィフティ・シェイズ・フリード・バージョンも収録されていることでも話題となっている。

画像: サントラ・ジャケット

サントラ・ジャケット

【サウンド・トラック発売情報】
◆タイトル:Fifty Shades Freed Original Soundtrack ◆輸入盤/デジタルにて発売中!

■キャスト:ダコタ・ジョンソン/ジェーミー・ドーナン/リタ・オラ/マーシア・ゲイ・ハーディン 
■監督:ジェームズ・フォーリ- ■脚本:ナイアル・レオナルド ■原作:E・L・ジェームズ「フィフティ・シェイズ・フリード」(早川書房刊) 
(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS  ■配給:東宝東和

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.