「アベンジャーズ」のジョス・ウェドン監督が、新作となるDCコミック映画「バットガール」Batgirlの監督・脚本を降板した。

ウェドンは映画情報サイト「ハリウッド・リポーター」にこの降板について「バットガールはエキサイティングなプロジェクトで、ワーナーもDCも協力的なパートナーだが、数ヶ月にわたって開発してきて、自分には(語るべき)ストーリーがないことがわかった」と語っている。
本作はこれまでマーベル映画を手掛けていたウェドンが、DC映画を手がけることでも注目されていた作品。ウェドンが、「ジャスティス・リーグ」からザック・スナイダー監督が降板した際に後任を引き受けたのも、彼が「バットガール」を監督することが決まっていたからだとも見られていた。「バットガール」の今後がどうなるのか注目だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.