全世界110カ国(35カ国語)で発行され、シリーズ累計2億5000万部のベストセラー絵本、ビアトリクス・ポター原作の「ピーターラビット」がハリウッドで初めて映画化。この度、映画『ピーターラビット』(ソニー・ピクチャーズ配給)の日本公開が5月18日(金)に決定した。

このウサギ、こう見えてスゴイんです!“本物の”ピーターラビット™は、カワイイだけじゃない。

画像: 日本版ポスター

日本版ポスター

ピーターは世界で一番幸せなウサギ。たくさんの仲間に囲まれ、画家のビアという心優しい大親友もいる。ところがある日、大都会ロンドンから潔癖症のマグレガーが隣に引越してきたことで、ピーターの生活は一変!今までの幸せを守りたいピーターと動物を追い払おうとするマグレガーとの争いはエスカレート。さらにビアへの“恋心”も絡まって思わぬ大事件に発展!ピーターはあるミッションを秘めて、初めてのロンドンへと向かうのだがーー。

この度公開された予告編は、美しい湖水地方の映像とともに幕を開け……元気なピーターが一気に走り抜けてスタート!大好きなビアと仲間たちと送るピーターの、にぎやかで楽しい日々がまるでミュージカル・シーンのように軽快に描かれる。しかし、隣に越してきたマグレガーのせいで、その幸せな生活が危ぶまれ…!動物嫌いなマグレガーは庭を完全防備、「野生の動物は追い払う!」とピーターたちを敵対視。一方、ビアとの仲も深めていき…ピーターはマグレガーを追い出す作戦に!

画像: 映画『ピーターラビット』予告 youtu.be

映画『ピーターラビット』予告

youtu.be

舞台はイギリスで最も美しい風景と称えられる湖水地方。原作者ビアトリクス・ポター™はこの地でピーターラビットを生みだし、今も当時のままの美しさを保ち、世界中の人々を魅了し続けている。
監督は、『ANNIE/アニー』『ステイ・フレンズ』などで、洗練されたコメディセンスとエッジの利いたサントラ選曲で定評のあるウィル・グラック。今回は、原作者のポターのスピリットを引き継ぎ、緑豊かで色鮮やかな花々に囲まれた素朴でありながらカラフルでうっとりするような一大パノラマを背景に、心躍る音楽をちりばめ、クスッと笑えてラストには胸がキュンとする、全女性必見の愛らしいドラマを創り上げた。ビアを演じるのは、『ANNIE/アニー』『X-MEN:アポカリプス』のローズ・バーン、マグレガーを演じるのは、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のハックス将軍や『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』主演のドーナル・グリーソン、そしてピーターほかモプシー、カトンテール、フロプシー姉妹やいとこのベンジャミンなどおなじみの仲間のうさぎたちが、表情豊かに最高にかわいらしく描かれる!

画像: ローズ・バーン

ローズ・バーン

本日2018年3月3日=みみの日にちなんでムビチケカードも発売開始。うさ耳スマホバンパー付き等から、これもゲットしたい。

監督:ウィル・グラック(『ANNIE/アニー』『ステイ・フレンズ』)  原題:Peter Rabbit  全米公開日:2月9日
出演:ローズ・バーン(『ANNIE/アニー』『X-MEN:アポカリプス』)、ドーナル・グリーソン(『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』) 声の出演:ジェームズ・コーデン(『イントゥ・ザ・ウッズ』『はじまりのうた』)、デージー・リドリー(『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『オリエント急行殺人事件』)、マーゴット・ロビー(『スーサイド・スクワッド』『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.