「20世紀最大の巨匠」「映像の魔術師」「北欧映画界の至宝」等々、最大限の賛辞をもって称される、映画史における伝説的巨匠イングマール・ベルイマン監督の特集上映『ベルイマン生誕100年映画祭』が、2018年7月より東京・YEBISU GARDEN CINEMAを皮切りに全国で開催される。
画像: イングマール・ベルイマン

イングマール・ベルイマン

50本以上にわたるフィルモグラフィーの中から、13本の傑作をセレクト

2018年は、1918年7月14日、スウェーデンで生まれたベルイマンの生誕100周年となる記念すべき年となり、全世界で彼の偉大な足跡を再評価するレトロスペクティヴが開催される模様。
折しも、日本とスウェーデンの国交150周年というアニバーサリーも重なった日本では、ベルイマンの50本以上にわたるフィルモグラフィーの中から、13本の傑作をセレクト、全作品、最新技術によって修復したデジタル・リマスター版にて公開。

上映作品 【計13本】
『夏の遊び』(51)
『夏の夜は三たび微笑む』(55)
『第七の封印』(57)
『野いちご』(57)
『魔術師』(58)
『処女の泉』(60)
『鏡の中にある如く』(61)
『冬の光』(63)
『沈黙』(63)
『仮面/ペルソナ』(66)
『叫びとささやき』(73)
『秋のソナタ』(78)
『ファニーとアレクサンデル』(82 オリジナル全長版での上映)

画像: 「第七の封印」(C)1957 AB SVENSK FILMINDUSTRI

「第七の封印」(C)1957 AB SVENSK FILMINDUSTRI

配給・宣伝/マジックアワー、ザジフィルムズ 後援/スウェーデン大使館

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.