<ハリウッド発KAIJU映画>と<ニッポン発アニメーション怪獣映画>の連続劇場公開を記念して、スペシャルコラボビジュアルを制作! 2018年4月13日公開の「パシフィック・リム:アップライジング」(東宝東和配給)と5月18日公開「GODZILLA 決戦機動増殖都市」(東宝配給)のビッグコラボレーションがこの度、実現することになった。

スペシャルイラストを手掛けたのは、人気イラストレーター天神英貴 

日本はじめ全世界で驚異的なヒットを記録したアクション超大作『パシフィック・リム』(13)の熱狂から5年。待望の続編となる『パシフィック・リム:アップライジング』が4月13日に日本公開。一方、ゴジラ映画史上初のアニメ―ション映画『GODZILLA』三部作の第二章『GODZILLA 決戦機動増殖都市』は5月18日全国公開。そんな、アニゴジ第二弾こと『GODZILLA 決戦機動増殖都市』と
映画『パシフィック・リム:アップライジング』とのビッグコラボレーションとしてコラボビジュアルが製作された。
スペシャルイラストを手掛けたのは、人気アニメ「マクロス ゼロ」、「マクロスF」、「マクロスΔ」シリーズや「創聖のアクエリオン」シリーズのメカニカルアートを担当する他、「機動戦士ガンダム」シリーズのプラモデルのボックスアートを長年手がけ、近年では『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズや、『スター・ウォーズ フォースの覚醒』以降のボックスアートも手掛ける、イラストレーター天神英貴(てんじんひでたか)。 
コラボビジュアルの依頼を受けた天神氏は、「これは責任重大。何せゴジラと巨大ロボといえば、
今となっては日本の伝統芸の様なもので、それを描く以上には大変に目の肥えた我が国の先輩方の厳しい目に晒されるからである。苦悩の本質は外見的な姿を描く以上に、その歴史ともいうべき精神世界をいかに一枚の限られたスペースに存在させられるか、そしてエネルギーに満ちた絵になるかということなのだが、、さて、そんなわけで、人生でこんなに楽しいイラストの挑戦はそうそうあるものじゃないのです。」と両作品に敬意を表するコメントを。
ビジュアル自体は、アニメゴジラに登場する歴代最大ゴジラ<ゴジラ・アース>と『パシフィック・リム:アップライジング』に登場する、ジプシー・アベンジャー、セイバー・アテナ、ブレーサー・フェニックス、ガーディアン・ブラーボ、計4体のイェーガー軍団が今にも激突しそうな大迫力のイメージイラストになっている。

先日行われた“パシフィック・リム:アップライジング ジャパン・プレミアイベント”にも登場した
スティーヴン・S・デナイト監督は、子供の頃からの大の特撮ファンであり、ウルトラマンやマグマ大使に加えて、ゴジラ愛も非常に強く、そんな監督の想いも天神氏はイラストに反映。
最後に、このコラボを受けて、『GODZILLA 決戦機動増殖都市』監督を務め、劇場版『名探偵コナン から紅の恋文(ラブレター)』で2017年邦画興行収入ランキング第1位の68.9億円を叩き出した静野孔文監督は、「アニメゴジラもパシリムも「怪獣映画」の側面もありながら、それに対峙する「人間ドラマ」が魅力的に描かれている作品だと思います。そんな作品同士が海を越えてコレボレーション、いつかスクリーンで本当に見てみたいですね。」とコメント。
共同監督の瀬下寛之氏は「魂ネイション2017の会場でスティーヴン・S・デナイト監督に会った際に彼から感じた感覚・・・それは、「好きだゴジラ!好きだ怪獣!好きだ巨大ロボット!」です。そんなデナイト監督作品とコラボできて最高です!」と半年前のデナイト監督との交流を思い返すコメント寄せた。
ハリウッド発、ニッポン発と出発点こそ違う両作品だが、日本の怪獣ファン、ロボット映画・アニメファン、そしてゴジラファンの誰しもが楽しめるゴールが映画の中に用意されていることは間違いなし!

©2018 TOHO CO., LTD. ©Legendary Pictures/Universal Pictures.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.