4月20日公開の「レディ・プレイヤー1」(ワーナー・ブラザース)を伴って、スティーヴン・スピルバーグ監督が「宇宙戦争」(05)以来13年ぶりの来日キャンペーンを18日都内で行なった。監督共に主演のタイ・シェリダン、オリヴィア・クック、共演の森崎ウィンもイベントに登場。本作の魅力を語った。
画像: 左からタイ・シェリダン、オリヴィア・クック、スピルバーグ、森崎ウィン、キティちゃん

左からタイ・シェリダン、オリヴィア・クック、スピルバーグ、森崎ウィン、キティちゃん

スピルバーグは『ぜひこの映画を自ら日本に来て紹介したかった。日本という国は他国に比べ、皮肉(シニシズム)が少ないと思う。この映画も私の作品の中で最もシニシズムが少ない映画。なので日本の観客には合っているはず(笑)』と語り、映画に登場するガンダム、キティちゃん、「アキラ」、メカゴジラなどジャパン・カルチャーの多様さを絶賛。もし自分がアバターを選ぶとすれば『キティちゃんになってヒッチコック監督のように映画の冒頭に一瞬だけスクリーンを横切りたい(笑)』と笑わせた。
 初来日のシェリダンも『本当にこれは特別な映画です。初めて日本に来る時にこの映画を持ってこられてよかった』と語り、オリヴィアも『私もここに来られて興奮しています。なるべく大きなスクリーンで見てください』と挨拶した。また共演の森崎も『いまここにスピルバーグ監督と一緒にいられることが夢のようです』と興奮気味に語った。
(撮影:大西基)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.