映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ問題をリポートした「ニューヨーク・タイムス」紙の記者、ジョディー・カンターとミーガン・トゥーイー率いる取材チームは、ピューリツァー賞を受賞したが、この調査を映画化することが決定。

製作はブラッド・ピットの製作会社プランBとアナプルナ・ピクチャーズが務める。映画はチームによる調査を描くもので、カトリック教会による児童虐待の隠蔽をスクープした記者たちを描く「スポットライト 世紀のスクープ」のような映画になるとみられている。監督、脚本などは未発表。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.