「スリー・ビルボード」でオスカー助演男優賞を受賞したサム・ロックウェルが、「マイティ・ソー バトルロイヤル」のタイカ・ワイティティー監督・脚本・出演の「ジョジョ・ラビット」Jojo Rabbit に出演する。

第二次世界大戦下のドイツで、ナチスに心酔する10歳の少年を描くもの。彼は母親がユダヤ人の少女を家に匿っていることを知る。サム・ロックウェルが演じるのは、ナチスの少年隊キャンプを管理するナチス隊員の役。少年が思い描く空想上のヒトラーの役をワティティー監督が演じ、少年の母親を「アベンジャーズ」シリーズのスカーレット・ヨハンソンが演じる。製作はフォックス・サーチライト・ピクチャーズ他。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.