日本でも公開が始まった「君の名前で僕を呼んで」のティモシー・シャラメが、新作「ビューティフル・ボーイ」Beautiful Boyで、薬物依存症に苦しむ青年を演じている。

原作は、米作家デーヴィッド・シェフが、メタンフェタミン依存症の息子との日々を描いたノンフィクション「ビューティフル・ボーイ:息子の依存症を通しての父親の旅」Beautiful Boy: A Father's Journey Through His Son’s Addiction。父親の視点から、息子ニックの依存症との苦闘が描かれていくもの。
父親役は「カフェ・ソサエティ」のスティーブ・カレル。12歳のニックは「IT/イット "それ"が見えたら、終わり。」の喘息のエディ役、ジャック・ディラン・グレーザーが演じる。監督はベルギー出身の「オーバー・ザ・ブルースカイ」のフェリックス・ヴァン・フルーニンゲン。製作はアマゾン・スタジオ、プランBエンターテインメント他。すでに撮影済みで、本年10月12日全米公開予定。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.