「ノクターナル・アニマルズ」のエーミー・アダムズが、「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」のジョー・ライト監督の心理サスペンス「窓の女」The Woman in the Window に主演する。

原作はA・J・フィンの同名ベストセラー小説。ニューヨーク、アパートに閉じこもり酒を飲みながら古い映画を見たり隣人たちを観察して暮らすヒロインが、ある衝撃的な出来事を目撃してしまう。
脚色は「8月の家族たち」の原作戯曲作家・脚本家で俳優でもあるトレーシー・レッツが務める。製作はフォックス2000ピクチャーズ。
エーミーはこの前にアダム・マッケー監督、クリスチャン・ベール、サム・ロックウェル共演の新作「バックシート」Backseatを撮影済み。こちらは年内に全米公開予定。さらにマーク・ルファロ共演の「真のアメリカ人」The True Americanにも出演する予定。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.