200万年前に実在した超巨大ザメ“メガロドン”が現代に甦る海洋パニック超大作『THE MEG』が『MEG ザ・モンスター』の邦題にて2018年9月7日(金)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国公開することが決定致した(配給:ワーナー・ブラザース映画)。

かつて描かれたことのない実在した巨大なサメが初お披露目の衝撃特報

地球で最も深い海とされる「マリワナ海溝」を超える深海が発見された。この人類未踏の地に挑む海洋探査チームが発見してしまったのは200万年前に絶滅したはずの超巨大ザメ“メガロドン”だった。メガロドンは全長23M、体重20トン、その歯は25cmという想像を絶する巨体を誇る。深海から目覚めたメガロドンは人類に牙をむき、恐怖の渦に陥れる。果たして人類はこの恐怖に立ち向かうことができるのか―?
主演の深海レスキューダイバー、ジョナス・テイラーを『ワイルド・スピード』シリーズのジェーソン・ステーサムが務める。監督は『ナショナル・トレジャー』のジョン・タートルトーブだ。

この度、本作の公開決定とともに、衝撃的な特報映像が解禁! 静かな海洋研究所でおもちゃを追いかける女の子。振り返るとそこにはじっとこちらの様子を伺う巨大なサメの姿が…! 呆然とする少女を喰わんとばかりに少女の身長の3倍はあろう口を広げ基地そのものにかぶりつく! その正体は絶滅したはずの“メガロドン”だった―。ラストには船をまるのみしてしまおうとするおぞましい姿で終わる。かつて描かれたことのない実在した巨大なサメが初お披露目の衝撃特報だ。

画像: 映画『MEG ザ・モンスター』日本版特報【HD】2018年9月7日(金)公開 www.youtube.com

映画『MEG ザ・モンスター』日本版特報【HD】2018年9月7日(金)公開

www.youtube.com

さらに、ティザービジュアルも併せて解禁。ダイバーを追いかける巨大なサメ…このシチュエーションだけでも恐ろしいにも関わらず、そのさらに下には超巨大な口が開き、人間もサメも今にも食べられてしまいそうな“メガロドン”の口だけが配置された衝撃ビジュアル。「来る」「来る」「来る」と3段階の大きさであしらわれたコピーが忍び寄る巨大ザメの恐怖を表現し、まだ見ぬ深海の超生物への畏怖を感じさせる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.