「ローガン・ラッキー」のスティーヴン・ソーダーバーグ監督の新作に豪華キャストが集結しそう。

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」のメリル・ストリープ、「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」のゲーリー・オールドマン、「オートマタ」のアントニオ・バンデラスが、ソーダーバーグ監督の「コインランドリー」The Laundromat で共演するかもしれない。メリルの出演は決定、ゲーリーとアントニオが出演交渉中だ。
 本作は、世界各国の富裕層の租税回避やマネーロンダリングの可能性を示す機密文書、パナマ文書について描くもの。この文書は2015年に流出し、16年に分析結果が発表されて注目を集めた。原作は、ピューリッツァー賞受賞ジャーナリスト、ジェーク・バーンスタインがパナマ文書を描いた「セキュリティ・ワールド」Secrecy World。脚本は「インフォーマント!」「サイド・エフェクト」などでソーダーバーグ監督と組んでいるスコット・Z・バーンズ。製作はグレー・マター・プロダクションズ他。
 またゲーリー・オールドマンは、97年の「ニル・バイ・マウス」以来、久々に監督業に挑戦。「回転木馬」Flying Horse で監督・脚本を務め、出演もする。
映画は、実在の19世紀の英国生まれの写真家エドワード・マイブリッジを描くもの。彼は走る馬の連続撮影に成功、その連続写真を見たエジソンが映写機を発明し、これが発展して映画になった。また、妻の愛人を射殺したが、裁判で正当防衛だとして無罪になっている。製作はトゥリー・エンターテインメント他。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.