世界中で高い評価を受ける河瀨直美監督が、生まれ故郷である奈良県を舞台に、『イングリッシュ・ペイシェント』の名女優ジュリエット・ビノシュ、そして、『あん』『光』と河瀨監督作に連続主演した永瀬正敏をダブル主演に迎えた映画『Vision』が2018年6月8日(金)に全国公開。

ビノシュも公開記念舞台挨拶に登場予定

本作『Vision』は幻の薬草“Vision”を探し求めるフランスの女性エッセイスト・ジャンヌをジュリエット・ビノシュ、吉野の山間で生活をする山守・智を永瀬正敏が演じる。さらに、永瀬演じる山守・智の目の前に突然現れる謎の青年・鈴を演じる岩田剛典、ジャンヌのアシスタント・花に美波、智や鈴とは違う形ながらも山に生き、山を守る猟師の岳を森山未來、同じく猟師の源を田中泯(特別出演)、自然と共存しながら森で暮らす女・アキに夏木マリと日本が世界に誇る名優が集結。ジャンヌが吉野を訪れた本当の理由とは何か?山とともに生きる智が見た未来(ビジョン)とは、一体…。

6月8日の本作公開に合わせ、主演のジュリエット・ビノシュの来日が緊急決定!
ジュリエット・ビノシュのPR来日は、昨年2017年3月のSF超大作『ゴースト・イン・ザ・シェル』のジャパンプレミア参加のため来日して以来1年3ヶ月ぶり、4回目となり、昨年秋、冬の撮影からは約半年となる。ジュリエットは日本文化への造詣も深く、今回の来日もジュリエット本人が、日本のファンたちと直接触れ合いたい、初出演した日本映画の公開を日本で迎えたいと熱望したことにより、緊急決定となった。

来日期間中は、6月9日(土)に、同じく主演を務める永瀬正敏や共演の夏木マリ、岩田剛典、美波、河瀨直美監督と共に公開記念舞台挨拶に登場し、日本のファンへ熱いメッセージを贈る予定となっている。なお、公開記念舞台挨拶のチケットは、5月26日(土)より販売が開始され、当日舞台挨拶の模様は、全国の上映劇場にて生中継される予定である。

(C)2018『Vision』LDH JAPAN, SLOT MACHINE, KUMIE INC.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.