複数の女性にセクハラや性暴力をしたと告発されている大物映画プロデューサー、ハーヴィー・ワインスタインが2018年5月25日の朝(現地時間)、ニューヨーク市警に自ら出頭。レイプや犯罪的性行為、性的虐待などの疑いで逮捕、訴追された。

米マスコミの報道によるとワインスタインは、25日朝に大勢の報道陣が待ち構えるなか、警察署に出頭。1人の女性に対するレイプの容疑のほか、別の女性に性的な行為を強制した疑いなどが持たれている。 またワインスタインは、2013年にある女性を強姦した罪と、04年に別の女性に対してセックスを強要した罪で逮捕。日本円で約1億円の保釈金を支払い、電子監視装置を着けた後、パスポートを没収されニューヨーク州とコネティカット州から出ないという条件で保釈される予定といわれている。

これを受けて、彼の被害者として名乗りを上げていたローズ・マッゴーワンやアーシア・アルジェントらのセレブも勝利宣言のツイートを。また多くの女優たちもこの逮捕を歓迎するコメントを発表している。すでに映画界からは追放されているワインスタインだが、検察側は今後さらなる訴追を行う方針で、逮捕を機に今後司法によって本格的に裁かれることになると見られている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.