クェンティン・タランティーノ監督・脚本の60年代末ハリウッドを舞台に描く新作ドラマ「Once Upon a Time in Hollywood(昔々、ハリウッドで)」 にさらに出演者が続々決定。

「ブラック・ファイル 野心の代償」のアル・パチーノが、レオナルド・ディカプリオ演じる俳優のエージェント役を演じることが新たに明かされた。
さらにTV「HOMELAND/」のダミアン・ルイスは「大脱走」の俳優スティーヴ・マックイーン役、「ブリムストーン」のダコタ・ファニングがマンソン・ファミリーの一員リネット役、「スピードレーサー」のエミール・ハーシュがシャロン・テートと一緒に殺害されたハリウッドのヘアスタイリスト役を演じる。
ほかにTV「ビバリーヒルズ青春白書」のルーク・ペリーがスコッティ・ランサーという人物を演じるが、どんな人物かは未発表。
 本作にはすでにレオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー、バート・レーノルズ、マイケル・マドセン、ティモシー・オリファント、カート・ラッセルらの出演が決定済み。製作はソニー・ピクチャーズ他。19年8月9日全米公開。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.