「チャーリーとチョコレート工場」の工場主ウィリー・ウォンカの若き日を描く、タイトル未定の映画の主演候補が判明。

「ジャスティス・リーグ」のエズラ・ミラー、「ブレードランナー2049」のライアン・ゴスリング、「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」のドナルド・グローヴァーが候補になっている。誰が演じるかで、ウォンカのキャラクターが微妙に違うものになりそうだ。
映画は、ロアルド・ダールの同名小説をもとにオリジナルな物語を描くもの。ティム・バートン監督がこの原作を映画化した「チャーリーとチョコレート工場」のウィリー役は、ジョニー・デップが演じた。監督は「パディントン」シリーズのポール・キング。製作はワーナー・ブラザース。
そのジョニー・デップは6月9日、55歳の誕生日を迎えたが、『いたって健康でハッピーな時を過ごしている』と彼の関係者が伝えている。これは各国で”ハリウッド・ヴァンパイアーズ“のツアーを行なっているジョニーが、アメリカのホテル前で撮影された写真を見ると病的に痩せていると一部マスコミが報じたことに対する反論のよう。このハリウッド・ヴァンパイアーズ、9月には来日コンサートも予定されている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.