2018年8月3日(金)より 日本公開される夏の超大作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』。このたびトム・クルーズ演じるイーサン・ハントをはじめとするお馴染みIMFメンバー、そして本作から参戦を果たす重要人物たち、9人の鋭い視線が、史上最も困難なミッションを予感させるキャラポスターが一挙到着した。

すでに、パリ・凱旋門前を爆走する “バイクアクション”、撮影中のアクシデントにより骨折を負ったことが大々的に報じられるも、見事な回復力によって驚異的なスピードで撮影を再開し大きな話題をさらった“ビルジャンプ”、2000時間の飛行訓練の末にトム自ら “ヘリコプター”を操縦し上空で展開する“超絶ヘリスタント”など、世界を驚かせ続けるトム・クルーズ自らがノースタントで挑む「全て、本物」のド迫力のアクションは本作でも健在!”フォールアウト=余波”というタイトルと、これまでイーサンが挑んだミッションすべてが本作の物語に繋がるという、さらなるストーリーの拡がりにますます期待が高まる本作。

画像: トム・クルーズ

トム・クルーズ

このほど到着したキャラポスターは『ミッション』シリーズならではの躍動感をそのままに物語の深みも感じさせるほど、超クールでスタイリッシュ!主人公であるスパイ組織「IMF」の超敏腕スパイ:イーサン・ハント役トム・クルーズをはじめ、M:Iシリーズになくてはならないお馴染みのキャラとなり無茶な行動に走りがちなイーサンを様々な面で支えるベンジー役サイモン・ペグ、イーサーがその手腕に惚れ込む天才ハッカー:ルーサー役ヴィング・レームズ、CIAからIMFの長官へと転身したアラン役アレック・ボールドウィンのIMFチームの面々、そして前作のヒロインとして登場し早くもシリーズ屈指の人気を獲得しているイルサ役レベッカ・ファーガソンと、お馴染みの面々の鋭い視線に、どのようなミッションが待ち受けるのか・・・

画像: サイモン・ペグ

サイモン・ペグ

さらに前作でシリーズ最大の敵として登場し本作では囚われながらイーサンに不吉な予言を告げるソロモン・レーン役ショーン・ハリスや、本作から参戦する、イーサンのライバルとして登場するCIAの敏腕エージェント:ウォーカー役ヘンリー・カヴィル、イーサンとチームに近寄る謎の女ホワイト・ウィドウ役ヴァネッサ・カービー、アランに代わる新たなCIA長官役アンジェラ・バセットと、イーサンとチームのミッションに交差する面々の不敵な眼差しに、彼らがIMFチームとどう対峙するのか、そしてさらにその先に待ち受ける展開への期待が高まる仕上がり。

シリーズ最高傑作の呼び声高い前作『ローグ・ネイション』のメガホンを取り、プロデューサーも務めるトムが絶大な信頼を寄せるクリストファー・マッカリーは、シリーズ初の続投監督として挑んだ本作について「常に前作を上回るプレッシャーがあるから難しいけど、前回とはがらりと違う作品になったよ。アクションもサスペンスもレベルアップしてよりエモーショナルになった」と豪語しており、世界中が待望する続編が、全ての面でさらなる進化を遂げていることは間違いなし!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.