90分間“呼吸の音さえ恐怖に変わる”劇場の緊張感が、新たなホラー映画体験だとスティーヴン・キングら著名人からのSNSでの口コミも殺到した『クワイエット・プレイス』(東和ピクチャーズ配給)が2018年9月28日(金)にいよいよ日本公開となる。この度、本作の日本版特報&本ポスタービジュアルが解禁となった。

音を立てたら、即死! この秋、日本が沈黙に閉じ込められる!!

全米公開後、低予算ながら初登場No.1でオープニング成績5000万ドルという数字を叩き出し、累計興行収入も『ドント・ブリーズ』『ゲット・アウト』など近年のホラー話題作を軽々超え、更には『レディ・プレイヤー1』『トランスフォーマー/最後の騎士王』などをも超える成績を記録。2018年度のオリジナル作品No.1大ヒットとなっている。(※2018/6/13 BOX OFFICE MOJO調べ)米映画批評サイト「ロッテン・トマト」では驚異の“95%Fresh”と大絶賛され(※2018/6/13 Rotten Tomatoes調べ)、口コミも殺到した『クワイエット・プレイス』。
主演エヴリン役は『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のハリウッドきっての実力派女優、エミリー・ブラント。その夫・リー役には、実生活でも彼女の夫である『プロミスト・ランド』のジョン・クラシンスキーが監督も務める。製作には『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイが付き、『テキサス・チェーンソー』『13日の金曜日』『エルム街の悪夢』など伝説的な名作ホラーのリメイクが絶賛された製作会社プラチナム・デューンズ品質のお墨付きだ。

荒廃した街を裸足で歩く一組の家族。この世界で生き残るには、絶対に音をたててはいけないからだ。しかし、音を立ててしまったその瞬間“何か”がやってくる! 
映像の最後には、陣痛が始まり悲鳴を上げるエヴリンの姿が…!この絶体絶命、絶望的な世界をエヴリンと家族は生き延びる事が出来るのか?『ミッション:インポッシブル』シリーズなどトム・クルーズの声でおなじみの人気声優・森川智之がナレーションを務める本映像に加え、合わせて解禁された本ポスタービジュアルは、絶対に音を発しないよう口に手を当て恐怖に慄くエヴリンの姿と「音を立てたら、即死。」というキャッチーコピーが印象的な、映像同様に緊迫感MAXの仕上がり。呼吸をする音さえ躊躇してしまうほどのまさに新体感ホラーに、劇場ではポップコーンさえ食べられない観客が続出する可能性大だ。

画像: 『クワイエット・プレイス』日本版 特報 youtu.be

『クワイエット・プレイス』日本版 特報

youtu.be

監督・主演のジョン・クラシンスキーは本作について「ホラー映画が怖くて観れない人がいたら、今作を鑑賞すると、怖いだけではないところでも観客に満足してもらえると思っている。」と自信を覗かせている。9月が待ち遠しい!
(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.