スカーレット・ヨハンソン演じるマーベルの人気キャラを描く「ブラック・ウィドウ」Black Widow の監督が決定。

「ベルリン・シンドローム」「さよなら、アドルフ」のオーストラリア出身の女流監督、ケート・ショートランドが務める。ストーリーの詳細は未発表だが、噂では映画「アベンジャーズ」より前の彼女が描かれると言われている。他にどんなキャラが登場するかは発表されていない。
初期脚本は「ビースト・ストーリー 選ばれし勇者」のデーヴィッド・ヘーターが手がけ、その後、短編アニメーション「アナと雪の女王/家族の思い出」の女流脚本家ジャック・シェーファーが参加している。製作はマーベル・スタジオ他。公開日などは未定。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.