「第9地区」「チャッピー」のニール・ブロムカンプが、人気SF映画の続編「ロボコップ・リターンズ」RoboCop Returns を監督する。

オリジナル作、87年のポール・ヴァーホーヴェン監督の「ロボコップ」はサイボーグになった警官を描くもの。本作はその続きを描く。脚本は、オリジナル作のコンビ、エド・ニューマイヤーとマイケル・マイナーが書き、それをタイトル未定の「ターミネーター」リブート版の脚本家ジャスティン・ローズがリライト。製作はMGM他。
ちなみにオリジナル作は続編2作が製作されており、14年にはリブート作「ロボコップ」も製作された。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.