「ビューティフル・デイ」のホアキン・フェニックスが、バットマンの宿敵ジョーカーを演じる映画のタイトルと、全米公開日が決定。

タイトルは「ジョーカー」Joker、19年10月4日全米公開になる。また、本作には「デッドプール2」のドミノ役で注目のザジー・ビーツが出演交渉中との噂も浮上している。

監督は「ウォードッグス」「ハングオーバー!」シリーズのトッド・フィリップス。脚本はフィリップスと「ザ・ファイター」「8 Mile」のスコット・シルヴァー。本作はジョーカーが誕生するまでを描く作品で、人気コミック作家アラン・ムーアがジョーカー誕生を描いた名作コミック「キリング・ジョーク」を下敷きにしているとも言われている。監督曰く、「社会から軽視された男による探求の物語で、人間というものを赤裸々に描く物語でもあり、幅広い人々の興味を引きつける物語になる」とのこと。撮影は9月に開始される。製作はDCエンターテインメント、ワーナー・ブラザース他。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.