「デッドプール」シリーズのライアン・レーノルズが、大人版「ホーム・アローン」である「ストーンド・アローン」Stoned Alone の製作に参加、出演する可能性もある。

製作は「ホーム・アローン」と「デッドプール」の20世紀フォックス。「ホーム・アローン」は幼い少年が留守番しているところに泥棒が侵入して…というコメディーだが、「ストーンド・アローン」は、ストーンド(マリファナでハイになる)状態の青年が飛行機に乗りおくれ、自宅に泥棒が侵入しているという妄想に駆られて…というコメディー。
監督は女優としても活動、本年のサンダンス映画祭で落ちこぼれ女子高校生2人を描く初監督作「Never Goin' Back」が注目を集め、これが長編監督2作目となる新鋭オーガスティン・フリッツェル。ライアンが出演するか、今後の情報に注目だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.