新たなバットマンを描く「バットマン」The Batman について、監督・脚本の「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」のマット・リーヴズが発言。

もうすぐ脚本が完成するとのことで、これまでの噂では、フランク・ミラーの名作コミック「バットマン イヤーワン」が下敷きになると言われていたが、監督はこれを否定。さらに、バットマンのオリジンを描く映画でもないという。
「バットマンを定義づける物語であり、彼のとても個人的な物語」「彼が世界で最も偉大な探偵であることについての、とてもエモーショナルな物語。それを通して、僕が子供の頃からバットマンを愛している理由を描く」とのこと。まだキャスティングや公開日は発表されていないが、今後のニュースに注目だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.