クェンティン・タランティーノ監督が69年のハリウッドを描く「Once Upon a Time in Hollywood」 で、ブルース・リーを演じる俳優が決定。

TV「Empire 成功の代償」「マーベル インヒューマンズ」のアジア系米人俳優マイク・モーがブルース・リーを演じる。彼は先月、ブルース・リーの没後45周年を記念してツイッターに動画をアップ。そこで、リーの出演映画のサントラを背景に武闘アクションを繰り広げており、タランティーノはこれを見て気に入ったのではないかと言われている。
またほかにも新たな出演者が判明。「GIRLS/ガールズ」のレナ・ダナムはじめ、ウーマ・サーマンとイーサン・ホークの娘マヤ・ホーク、「グリーン・インフェルノ」のロレンツァ・イッツオらも共演するようだ。
映画はブラッド・ピット、レオナルド・ディカプリオ、マーゴット・ロビーらの豪華共演で、現在撮影中。製作はソニー・ピクチャーズ他。19年7月26日全米公開。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.