スターリンの葬送狂騒曲」のオルガ・キュリレンコが、伝記映画「光輝く」Radiantで、「サムソンとデリラ」など40年代の人気女優ヘディー・ラマーを演じる。

映画はヘディーと、アメリカ人作曲家ジョージ・アンタイルの交流を中心に描くもの。アンタイル役は未発表。ヘディーとアンタイルは、1942年に周波数ホッピング拡散スペクトラムを共同開発している。映画はアンタイルの自叙伝「音楽のバッドボーイ」Bad Boy of Musicに基づくもの。監督は「キリングゲーム」「デアデビル」のマーク・スティーヴン・ジョンソン。製作はロック・アイランド・フィルムズ他。
 一方、ヘディーを描くTVシリーズ企画も進行中で、こちらは「ワンダーウーマン」のガル・ガドットが主演する。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.