「007」シリーズ新作「ボンド25」(仮題)の、降板したダニー・ボイルに代わる監督が決定。

「ビースト・オブ・ノー・ネーション」「ジェーン・エア」、TV「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」「マニアック」のケーリー・フクナガが務めることになった。フクナガは日系アメリカ人で41歳。
撮影はダニエル・クレーグを主演に英国パインウッド・スタジオで2019年3月4日スタート、映画は2020年2月14日のバレンタイン公開になる。
脚本はダニー・ボイルの降板後は、「007/ワールド・イズ・ノット・イナフ」から「007 スペクター」まで参加してきたコンビ、ニール・パーヴィスとロバート・ウェードが執筆しているが、今後、監督自身や新たな脚本家が加わる可能性もありそうだ。製作はMGM、EONピクチャーズ他。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.