70年代の人気TVシリーズを新たに映画化する「チャーリーズ・エンジェル」Charlie's Angels で、エンジェルたちをサポートするボスレー役は、今度は一人ではないことがわかった。

この役はオリジナルTV版ではデーヴィッド・ドイルが一人で演じ、最初の映画版の1作目ではビル・マーリーが、2作目ではバーニー・マックがその親類という役で演じた。
今回は本作の監督でもある女優エリザベス・バンクスが演じると言われていた。だが今度のボスレーというのは個人でなくコードネームになり、さらに「LOGAN/ローガン」のパトリック・スチュアートもこの役をオファーされているという。複数の人物がボスレーを演じるということは、まだ追加発表もあり?
エンジェル3人を演じるのは、「パーソナル・ショッパー」のクリステン・スチュアート、「パワーレンジャー」のナオミ・スコット、TV「カジュアルティー」Casualtyのエラ・バリンズカ。製作はコロムビア・ピクチャーズ他。19年9月27日全米公開。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.