「プーと大人になった僕」のユアン・マグレガーがDCコミック・ムービーの一員になるかもしれない。

ハーレイ・クインを始めDCコミックの女性キャラクターが集合する「バーズ・オブ・プレイ」Birds of Play にバットマンの宿敵キャラ、ブラック・マスクが登場すると噂されていたが、その候補にユアン・マクレガーと「第9地区」のシャールト・コプリーが浮上。
ブラック・マスクはバットマンことブルース・ウェインの幼馴染で、ブルース同様、両親の死によって大会社を引き継ぐが経営が悪化、会社を買収したウェイン産業に恨みを抱き、犯罪者になる。父の棺で作った黒いマスクを被っていたが、それが顔と一体化している。
監督は、中国生まれの女流監督キャシー・ヤンで、長編は本作が2作目。脚本は「アンフォゲッタブル」「バンブルビー」のクリスティーナ・ホドソン。製作はDCエンターテインメント、ワーナー・ブラザース他。
全米公開は20年2月7日。撮影は来年1月にスタートする予定。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.