「君の名前で僕を呼んで」のアーミー・ハマーがアガサ・クリスティーの名作を映画化する「ナイルに死す」Death on the Nile に出演する。

本作は「オリエント急行殺人事件」に続き、ケネス・ブラナーが監督と名探偵ポアロ役を兼任する作品。かつて78年にジョン・ギラーミン監督が「ナイル殺人事件」として映画化している。
ハマーが演じるのは主要登場人物とのことで、物語の重要人物となる大富豪の娘リネットの夫サイモン役を演じるとみられている。リネット役は「ワンダーウーマン」のガル・ガドットに決定済み。リネットは親友の恋人を奪って結婚し、ナイルに新婚旅行に出かけるが、親友に付きまとわれる。
製作は20世紀フォックス他。19年12月20日全米公開。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.