「ローマの休日」(1954)でアカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞し、まさしく妖精のごとく世界中を魅了したオードリー。
その他、ハリウッドの名女優たちの秘蔵写真がカレンダーで発売中です。

「麗しのサブリナ」で演出中のワイルダー監督

「この娘はふくらんだ胸の女性の魅力を過去のものにするだろう」
セクハラ問題で揺れるハリウッドに限らず、今やこんなことを口に滑らせたら、間違いなくアウト!
これは、名監督ビリー・ワイルダーが一躍脚光を浴びたオードリー・ヘプバーンを「麗しのサブリナ」(1954)の主役に迎えたときの言葉。

ワイルダーはこの作品の次にマリリン・モンローの曲線豊かな肢体を存分に活かした「七年目の浮気」(1955)を撮っているが、モンローとは逆にオードリーの武器が、そのペチャンコな胸にこそあることを指摘。
自身二度目のオードリー主演作「昼下りの情事」(1957)も含めて、彼女が演じるヒロインを、絶対に俗っぽくさせないよう細心の努力を払ったという。
それが彼女の最高の持ち味であり、ほかの女優にはない魅力だからだ、ともワイルダーは言っている。

「昼下りの情事」でゲーリー・クーパーと

画像: 「昼下りの情事」

「昼下りの情事」

「昼下りの情事」では、オードリーは父親ほども年の離れた相手役(ゲーリー・クーパー)とプラトニック以上、ベッドイン以下という微妙な関係を軽妙に演じた。
それが全く不潔感なく観客に受け入れられたのは、絶対に俗っぽさを寄せ付けなかったワイルダーの演出努力と、何といってもオードリー自身がごく自然に身につけている品格のせいであろう。

画像: 「昼下りの情事」でゲーリー・クーパーと

写真は、「昼下りの情事」の撮影の合間に、当時の宣伝用に撮影されたもの。
物語の主な舞台はパリの名門ホテル、リッツ。
しかし、画面に登場するのは、ブローニュにあった撮影所に作られたセットで、広いスィート・ルームとベランダ、そしてエレベーター付きという完璧なもの。
広い廊下には、クーパー演じるフラナガン氏の巨大な旅行ケースがところ狭しと並べられていたらしい。

その他、ハリウッドの名女優たちの秘蔵写真がカレンダーとなって間もなく発売

画像1: その他、ハリウッドの名女優たちの秘蔵写真がカレンダーとなって間もなく発売

<クラシック ハリウッド女優カレンダー2019>にはオードリーのほか、「ジャイアンツ」(1956)撮影中のエリザベス・テーラーとジェームズ・ディーンの仲睦まじいショットも。
ちなみに、ディーンはこの映画の撮影終了直後に帰らぬ人となった。
さらに、ヴィヴィアン・リー、イングリッド・バーグマン、グレース・ケリー、マリリン・モンローと今は亡きハリウッドの名女優たちが、2019年のカレンダーとなって現在発売中です。

画像2: その他、ハリウッドの名女優たちの秘蔵写真がカレンダーとなって間もなく発売

SCREEN STOREにてご購入いただいた方には、掲載されているこ秘蔵写真を6枚セット(各1枚)ポートレートにして、お申込みの方全員にプレゼント! 是非、この機会をお見逃しなく!!

▼お申し込みはこちらから▼

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.