アラン・ロブ・グリエの幻の映画監督作品を集めた特集上映「アラン・ロブ=グリエレトロスペクティブ」が、シアター・イメージフォーラムほか全国にて開催。初日が2018年11月23日(金・祝)に決定した。
画像: <ヌーヴォー・ロマン>の旗手アラン・ロブ・グリエ、幻の映画監督作6本がついに公開!

20世紀の世界文学を揺るがした革命的なムーヴメント<ヌーヴォー・ロマン(新しい小説)>の代表的作家として知られる、アラン・ロブ・グリエの幻の映画監督作品を集めた特集上映「アラン・ロブ=グリエレトロスペクティブ」。いよいよ初日が11月23日となり、日本の観客の前にやってくる。

上映作品は『不滅の女』(63)『ヨーロッパ横断特急』(66)『嘘をつく男』(68)『エデン、その後』(70)『快楽の漸進的横滑り』(74)『囚われの美女』(83)の6作。『囚われの美女』以外は日本劇場初公開となる。

画像: 『不滅の女』L’IMMORTELLE (c)1963 IMEC

『不滅の女』L’IMMORTELLE
(c)1963 IMEC

画像: 『嘘をつく男』L’HOMME QUI MENT (c)1968 IMEC

『嘘をつく男』L’HOMME QUI MENT
(c)1968 IMEC

1953年に最初の長編小説『消しゴム』でデビュー以来、近代以降常識とされていた既存の枠組みを解体する小説を次々と発表し、1960年、アラン・レネ監督『去年マリエンバードで』(第22回ヴェ
ネツィア国際映画祭 金獅子賞)のオリジナル脚本の執筆を契機に映画界にも参入。
63年に『不滅の女』で映画監督デビューを果たし、倒錯的なエロティシズムを描き出す諸作で、作品を発表するたび、大きな注目を集め、圧倒的な人気を誇った。
しかし、その過激でスキャンダラスな描写のせいか、ヨーロッパ以外の地域ではほとんど上映の機会に恵まれなかった。

今回のレトロスペクティブでは、ルイ・デュリック賞を受賞した監督デビュー作『不滅の女』からルネ・マグリットの同名の絵画をモチーフにした不条理サスペンス『囚われの美女』(83)までの6作品をラインナップ。この秋、見逃せない特集になっている。

画像: 「アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ」予告 youtu.be

「アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ」予告

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.