「シェイプ・オブ・ウォーター」のギレルモ・デル・トロ監督の念願の企画「ピノキオ」Pinocchioがついに始動。

映画はストップ・モーション・アニメで、デル・トロは共同監督と共同脚本を担当、共同監督は「ファンタスティックMr.FOX」のマーク・グスタフソン、脚本にはTV「アドベンチャー・タイム」のパトリック・マクヘールが参加、パペットは「ダーク・クリスタル」のジム・ヘンソン・カンパニーが担当する。製作はネットフリックス他。映画はミュージカル形式で、1930年代のファシズムが台頭するイタリアを舞台に、デル・トロの「パンズ・ラビリンス」的なダークなトーンで描かれる。
一方、「ピノキオ」はディズニーでも実写化を企画しているが、こちらはまだ監督や出演者など正式発表されていない。またイタリアでも「ゴモラ」のマッテオ・ガローネ監督が実写版「ピノキオ」を企画中。「ライフ・イズ・ビューティフル」のロベルト・ベニーニがゼペット爺さん役を演じるという。こちらは2019年本国公開予定。時ならぬピノキオ・ブームになっている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.