「ギャング・オブ・ニューヨーク」などでチームを組んできたレオナルド・ディカプリオ(主演)、マーティン・スコセッシ監督が6回目のタッグを組む。

新作「フラワームーンの殺人者たち」Killers Of The Flower Moon の撮影時期が決定。来年夏に撮影をスタートする。
 原作は日本でも刊行されているデーヴィッド・グランのノンフィクション「花殺し月の殺人 インディアン連続怪死事件とFBIの誕生」。1920年代のオクラホマ州で先住民が相次いで不審死をとげる事件が発生し、組織されたばかりのFBIが事件の捜査を開始。やがて、背後の大掛かりな陰謀が明らかになっていく。
脚色は「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」のエリック・ロス。製作はインペラティヴ・エンターテインメント他。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.