「プーと大人になった僕」のユアン・マクレガーが、DCコミック映画「バーズ・オブ・プレイ」Birds of Prayで悪役ブラック・マスクを演じる。

ブラック・マスクは黒い髑髏のマスクをかぶったヴィラン。元は大企業の息子で、バットマンことブルース・ウェインの幼馴染だが、会社が経営難になりウェイン産業に合併されたことから、ブルースを恨んでいる。
 本作は、ハーレイ・クインらDCコミックの女性キャラが集合する作品。ハーレイ・クイン役は「スーサイド・スクワッド」でこの役を演じたマーゴット・ロビー、ハントレス役は「10クローバーフィールド・レーン」のメーリー・エリザベス・ウィンテッド、ブラックキャナリー役は「ハンズ・オブ・ストーン」のジャーニー・スモレット・ベル。彼女たちの友人の私立探偵レニー・モントーヤ役を「悪の法則」のロージー・ペレスが演じる。監督は、本作が「デッド・ピッグス」Dead Pigsに続く長編第2作となる女流監督キャシー・ヤン。脚本は「アンフォゲッタブル」のクリスティーナ・ホドソン。
ちなみにメーリー・エリザベス・ウィンステッドは、TVシリーズ「FARGO」で共演以来、ユアンとのホットな関係が噂されている女優だ。破局したという話も一時あったが、共演するということは、まだ関係は良好?
製作はDCエンターテインメント、ワーナー・ブラザース他。全米公開は20年2月7日。撮影は来年1月にスタートする予定。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.