日本の人気コミックをハリウッドで実写映画化する「進撃の巨人」Attack On Titan の監督と製作陣が決定した。

まず「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」のアンディー・ムスキエティーが監督する。そして製作には「ハリー・ポッター」シリーズのデーヴィッド・ハイマン、「MEG ザ・モンスター」など俳優としても活躍するマシ・オカが参加。
製作はワーナー・ブラザース他。今後のキャスティング情報に注目だ。
原作は09年に連載開始、現在も連載中の諫山創の同名コミック。正体不明の巨人たちが人々を襲う世界を舞台に、彼らと戦い、彼らの正体を暴こうとする人々を描く。TVアニメ化され、日本製作の実写映画「進撃の巨人 Attack On Titan」前編・後編が15年に公開された。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.