「アンダー・ザ・シルバーレイク」のアンドルー・ガーフィールドの新作が「メインストリーム」に決定。

共演は「Death Note/デスノート」のナット・ウルフ、イーサン・ホークとウーマ・サーマンの娘マヤ・ホーク。
映画はエキセントリックな三角関係と、インターネット世代のアイデンティティーについての物語とのこと。
監督は、フランシス・フォード・コッポラの孫で、ソフィア・コッポラの姪である「パロアルト・ストーリー」のジア・コッポラ。製作はオートマティック他。年末に撮影をスタートする。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.