2018年12月7日に公開を控えるキアヌ・リーヴズ&ウィノーナ・ライダー共演作『おとなの恋は、まわり道』のオリジナル・サウンドトラックが日本国内で11月21日に販売されることとなった。

こじれ続ける二人の恋に行方は?

画像: こじれ続ける二人の恋に行方は?

キアヌは『ジョン・ウィック』シリーズ、ウィノーナはTVシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」と、共に近年また主演作が大ヒットを記録し、再ブレイクを果たしている。
そんなふたりの『ドラキュラ』『スキャナー・ダークリー』『50歳の恋愛白書』に続く4度目の共演となる本作は、最悪の結婚式で出会った、ヘンクツ男とヘンクツ女の華やかでおかしくて楽しいなかにピリッとスパイスの効いた大人のラブストーリーに仕上がった。
監督は、TVシリーズの脚本や製作でエミー賞に4度ノミネートされ、『5時から7時の恋人カンケイ』で映画監督デビューを果たしたヴィクター・レヴィン。
そして音楽を手がけたのは、『タイタニック』の「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」など数々の名曲の編曲で知られるウィリアム・ロス。
カリフォルニア南部のサンルイスオビスポののどかな風景にマッチする、ほのぼのした曲から、ロマンティックな曲、そしてユーモア溢れる楽曲まで、ストーリーに彩を添える。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.