「チューリップ・フォーバー 肖像画に秘めた愛」のアリシア・ヴィカンダーが新作をオファーされている。

その作品は、フェミニズム運動の活動家グロリア・スタイネムの伝記映画「ザ・グロリアズ:路上の人生」The Glorias: A Life On The Road。
監督は「アクロス・ザ・ユニバース」のジュリー・テーモアで、原作は、スタイネム自身の回顧録。アリシアがオファーされているのは主人公の20~40代。少女時代を「アナベル 死霊人形の誕生」のルールー・ウィルソン、50代以降を「キングスマン:ゴールデン・サークル」のジュリアン・ムーアが演じることは決定済み。
他に、「バックコーラスの歌姫たち」のベット・ミドラーも出演をオファーされている。製作はページ・フィフティフォー・ピクチャーズ他。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.