『ボンド25』と呼ばれている「007」シリーズ最新作に、「スペクター」に出演したレア・セドウが帰ってくる模様。

彼女が演じたマデリーンが今度の映画でどんな役割を果たすかは未定で、レギュラーのM役レーフ・ファインズ、Q役ベン・ウィショー、マネーペニー役ナオミ・ハリスらはそのまま続投する予定。
また「ボヘミアン・ラプソディ」のラミ・マレックが悪役で出演するという噂もあるが、彼のスケジュール次第という。
現在ボンド役ダニエル・クレーグは『Knives Out』を撮影中。監督のケーリー・ジョージ・フクナガは『ボンド25』の脚本を執筆中で撮影はこれから。全米公開は2020年2月14日とアナウンスされている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.