マーゴット・ロビー主演のDCヒロイン映画「バーズ・オブ・プレイ(バーズ・オブ・プレイ(そして、唯一無比のハーレイ・クインの素晴らしい解放)」に、もう一人のヴィランが判明。

ユアン・マクレガー演じるブラック・マスクに加えて、ヴィクター・ザースが登場。これを「夜に生きる」のクリス・メッシーナが演じる。
ヴィクター・ザースは富豪の息子だったが両親が事故で死亡し、その喪失感からギャンブルにのめり込んで財産を失って、連続殺人鬼になった人物。
映画は、マーゴット・ロビー演じるハーレイ・クイン、メーリー・エリザベス・ウィンステッド演じるハントレス、ジャーニー・スモレット・ベル演じるブラックキャナリーらの活躍を描くもの。監督は、初監督作のコメディ「デッド・ピッグス」Dead Pigsのアジア系女流監督キャシー・ヤン。製作はDCエンターテインメント他、配給はワーナー・ブラザース。20年2月7日全米公開。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.