「ナイトクローラー」のジェーク・ギレンホールが、デンマーク映画「THE GUILTY/ギルティ」のハリウッド版リメイク作に主演する。

オリジナル作は日本では2019年2月22日に公開されるもの。『人間の聴覚から得られる情報はわずか11パーセント。あなたの想像力はその限界を超えられるか?』という宣伝文句が話題になっている。
緊急通報司令室のオペレーターが、誘拐された女性からの通報を受け、電話から聞こえる言葉と音だけを頼りに、事件を解決しようとしていくというストーリーのサスペンス。
第91回アカデミー賞外国語映画賞のデンマーク代表に選ばれ、第34回サンダンス映画祭観客賞受賞でも注目を集めた。この賞を受賞した過去作には「セッション」や「search/サーチ」などがある。ギレンホールは製作にも参加。製作はボールド・フィルムズ他。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.