1950年のジェームズ・スチュアート主演名作映画「ハーヴェイ」のリメイク企画が始動。

脚本を「シュレック2」「スマーフ」シリーズのコンビ、J・デーヴィッド・ステムとデーヴィッド・N・ワイスが手がける。監督は未定。製作はネットフリックス他。
オリジナル作はブロードウェイのヒット舞台の映画化で、ヘンリー・コスター監督、スチュアート主演。主人公エルウッドは、他の人間の目には見えない身長約180センチのウサギ、ハーヴェイを親友として暮らしているが、主人公の姉がそれを病気だと考えて治療させようとする。
TV版のリメイク作は何作も製作されているが、映画のリメイクは初めて。数年前にスティーヴン・スピルバーグ監督や、ジム・キャリー主演でリメイク企画が挙がったほか、MGM、20世紀フォックス、ミラマックスなどが企画したが実現しなかった。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.