名作と評判がたちながら日本の配給先が見つからず、先日限定公開され全回満席となった『ゴッズ・オウン・カントリー』が緊急拡大公開決定!(ファインフィルムズ配給)2019年2月2日(土)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋、センチュリーシネマ他にて全国ロードショーになる。

見たくても見られない現象が発生!

第90回アカデミー賞で脚色賞を受賞したほか4部門にノミネートされ、世界中に主演のティモシー・シャラメの虜になる女性を続出させた『君の名前で僕を呼んで』。日本でも公開されるや満席が続きブームを巻き起こした。『君の名前で僕を呼んで』と全く同じ、2017年のサンダンス映画祭や、第67回ベルリン国際映画祭でほぼ同日に上映され、数々の賞も受賞していながら、対照的に日本では全く配給が付かず、日本での劇場公開が危ぶまれていた作品、それが『ゴッズ・オウン・カントリー』だ。

受賞歴は、2017年1月、ワールドプレミア上映となったサンダンス映画祭で監督賞を受賞。ベルリン国際映画祭ではパノラマ部門で上映し、ドイツのLGBT雑誌「MÄNNER」読者賞を受賞。他にも、英国インディペンデント映画賞作品賞受賞、英国アカデミー賞ノミネートなど、名だたる映画祭を席巻した。

今年の7月、セクシュアル・マイノリティをテーマにした映画祭「レインボーリール東京〜東京国際レズビアン&ゲイ映画祭〜」で、ジャパンプレミア上映され、700席(350席×2回)が完売。しかしその後も、日本での配給会社が決まらないままになっていた。
そんな中、個人で劇場での上映権を5回のみ買い付けた人物による上映が、シネマート新宿で12月2日からスタートすると、上映回5回は全て満席+立ち見(333席+α)となる大・大・大ヒット!チケットの販売開始時にはアクセス集中により、サーバが5回ともダウンし、SNSでは絶賛の口コミの嵐となり、『カメラを止めるな』と同じく、多くの映画ファンが「観たくても観られない!」現象が生まれた。再上映を望む声が絶えない中、この度、ついに、緊急・拡大公開が決定した。

気になるストーリーは……
青年ジョニー(ジョッシュ・オコナー)は、老いた祖母(ジェマ・ジョーンズ)と病気の父(イアン・ハート)に代わって、ヨークシャーにある牧場をひとりで管理している。孤独でやり甲斐を感じられない寂れた牧場での日々の労働を、酒と行きずりの不毛なセックスで紛らわすジョニー。ある日、季節労働者のゲオルゲ(アレック・セカレアヌ)が羊の出産シーズンに雇われる。初めは衝突する二人だったが、羊に優しく接するゲオルゲに、ジョニーは今まで感じたことのない感情を抱き、突き動かされていく…。というもの。監督はフランシス・リー。

© Dales Productions Limited/The British Film Institute 2017

http://www.finefilms.co.jp/godsowncountry/

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.