第37回アカデミー賞13部門ノミネート&5部門受賞した映画『メリー・ポピンズ』のその後を描く最新作『メリー・ポピンズ リターンズ』(2019年2月1日(金)公開)。ちょっと上から目線でミステリアスな魔法使いメリー・ポピンズが帰ってくる。このたび、主人公メリー・ポピンズを演じたハリウッドを代表する女優エミリー・ブラントの初来日が決定!

あの“メリー・ポピンズ”が日本中にハッピーを!

本作は、超一流のスタッフとキャストが集結し、心躍る歌とダンス、そしてとびっきりの魔法で観るものを夢の世界へと誘う極上のエンタテインメント作品。パーフェクトでエレガントな魔法使いメリー・ポピンズを演じるのは、『プラダを着た悪魔』(2006)、『ガール・オン・ザ・トレイン』(2016)『クワイエット・プレイス』(2018)など次々話題作への出演が続き、今ではハリウッドを代表する女優となったエミリー・ブラントだ。エミリーはディズニーとロブ・マーシャル監督が、エミリーでな
ければやらないと言った程、その演技力が高く評価されている。ディズニーが50年以上も大切にしてきた″メリー・ポピンズ“というキャラクターを見事に演じきり、今世界中から注目されているエミリーがついに初来日を果たすこととなった。エミリーは初来日に「待ちきれないわ。日本に行ったことのある人は誰でも、唯一無二の美しい国だと言うの。日本の皆さんにお目にかかれるのがとても楽しみです!」とコメントし、期待を膨らましている様子。1月23日(水)に行われるジャパンプレ
ミアへの登壇も予定しており、日本語吹替えを担当した平原綾香、谷原章介との夢の共演が実現する。

画像: 「メリー・ポピンズ リターンズ」本予告編 youtu.be

「メリー・ポピンズ リターンズ」本予告編

youtu.be

またすでに公開された全米では、本作が高く評価されており、「『メリー・ポピンズ リターンズ』でメリー・ポピンズが私たちの世界に戻ってきたことは喜ばしく、ウインターホリデーシーズン中に全ての年代の映画ファンが求めている楽しさを兼ね備えている。」SCREENRANT / Sandy Schafr、「本当にディズニー・マジック!休暇に観たい映画!」 KSL (NBC)/Jimmy Martinなど称賛の声が相次ぎ、全米の話題をさらっている。エミリーが演じる上から目線でエレガントな魔法使いメリー・ポピンズは、母を亡くしたバンクス家の元にやってくる。空から舞い降りてきた彼女は、美しい魔法で人生を楽しむことを子供たちに教えていく。それは一体どんな奇跡を私たちにもたらしてくれるのか?

(C)2019Disney Enterprises Inc.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.